グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



學長メッセージ


ホーム >  大學案內 >  學長メッセージ

鈴木昌治學長メッセージ
未來につながる情報と看護で未來を切り拓く人材を育成する

「ソサエティ5. 0」という言葉を知っていますか?「ソサエティ5.0」は、「超スマート社會」とも言われています。日本が提唱する未來社會のコンセプトです。狩猟社會、農耕社會、工業社會、情報社會に続く新たな社會のことです。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)といったテクノロジーによって経済発展と社會的課題の解決を両立するものです。これから始まる「ソサエティ5.0」において、「情報學」は「経済」×「情報」、「醫療」×「情報」はもとより「看護」×「情報」、「健康」×「情報」、「高齢社會」×「情報」など知と知の融合を促し、政治?文化?生命?環境?農業など遍く分野の諸課題解決のキーワードとなり、極めて重要な學問分野に位置づけられることになります。
 総合情報學部は、ソサエティ5.0を擔うIT人材の育成と現代社會の課題に積極的にアプローチするため情報システム、數理情報、社會情報の3學系で構成されます。実用化が期待されている①AI 家電、②自動走行、③ドローンの普及、④スマート経営、⑤スマートワークなどの最先端技術に関係する基礎教育と関連研究への取組みは、3學系下に14研究室を配置して萬全な教育研究體制が整備され、2年次後期から研究室に所屬することができます。
 これからの醫療看護の分野においても、病院では①AIによる病気の診斷、②人間を手伝う手術ロボット、③介護ロボット、④3D技術で骨や義肢の作製。在宅醫療では①遠隔診斷?遠隔看護、②生體センサーの著用?普及。地域醫療では學校や公共施設におけるデータを用いた病気予防教育実踐など醫療技術も大きな進化を続けています。今後は従來型の醫療體制では対応しきれない狀況に直面する可能性が高く、本學の看護學部が掲げる「情報技術に精通した醫療人」は、まさにこれからの社會が必要とする人材であると確信しています。
 さらに、令和2年11月に開設した先端データ科學研究センターは、本學におけるデータ科學の教育研究拠點として様々なデータを活用した先端的な教育研究活動と、それを支援する情報基盤を提供し、研究に対する意欲の高い學生の皆さんが早い段階で先端研究に觸れる機會を提供してまいります。
 時代を見據え、社會と學生が求める質の高い教育を行うことこそが本學に入學された學生の皆さんと保護者の方々が本學に対して真に求めるものと理解しております。本學はご期待に応えるため、日々努力を続けることをお誓いいたします。

東京情報大學 學長 鈴木昌治
草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片